日本女性会議とは

全国から約2,000人の参加者が集い、男女平等参画社会の実現に向けた課題の解決策を探るとともに、参加者相互の交流の促進や情報のネットワーク化を図ることを目的とした国内最大級の会議です。

1975年、国連総会で「平等・開発・平和」の理念の基、「国際婦人年」と目標達成のための国連婦人の10年を定め、国内においても行動計画に基づいた様々な取組みがなされました。

日本女性会議は、国連婦人の10年を契機に、1984年に第1回大会が名古屋市で開催されました。それ以降、全国各地で講演やシンポジウム、分科会をとおして、平等社会実現のため開催されています。

金沢大会は石川県内では初めて、全国では35回目の開催となります。


〈これまでの日本女性会議の開催〉

年度 開催地 テーマ
第1回 1984 名古屋市 語り合い、考えあい
第2回 1985 川崎市 かわさき女性フォーラム’85
第3回 1986 川崎市 かわさき女性フォーラム’86
第4回 1987 山形市 あなたの生き方みえていますか
第5回 1988 北九州市 21世紀の世界をひらく女性たち WOMEN PREVIEW21
第6回 1989 那覇市 女性が創造する平和
第7回 1990 高松市 快適に働き 快適に生きる
第8回 1991 藤沢市 かがやけ地球 女と男で -共生・活力・創造を求めて-
第9回 1992 長野市 豊かに拓こう地球時代 -男女共生のあしたをめざして-
第10回 1993 福岡市 風は西から いま、行動のとき
第11回 1994 和歌山市 ~時代を翔るひとたちへ~
第12回 1995 新潟市 ともにつくる社会 ひろがれウィメンズパワ-
第13回 1996 宇都宮市 さぁ 世界へ ともに 歩き出そう
第14回 1997 岡山市 自分らしく生きられる社会に!
第15回 1998 尼崎市 「個」と「個」で紡ごう共生社会
第16回 1999 浜松市 21世紀へのプレリュード 奏でよう自分らしく
第17回 2000 津市 そうや!女も男もおんなじ人間やんか -男女共同参画社会の実現のために-
第18回 2001 水戸市 世紀を拓こう あなたと偕に
第19回 2002 青森市 私は私を大切に思うのと同じ重さであなたを大切に思う
第20回 2003 大津市 いのちの世紀 びわ湖で輝け 女と男
第21回 2004 松山市 集い、語り、ともに拓こう!新たな関係
第22回 2005 福井市 女と男が創る豊かな未来 ともに語ろう不死鳥の郷土で
第23回 2006 下関市 we are ~わからないから信じあう。知らないから支えあう。
第24回 2007 広島市 一人ひとり 響きあって いま そして未来へ
第25回 2008 富山市 煌く人とひと、連なる峰々へ
第26回 2009 堺市 山の動く日きたる ~ジェンダー平等の宇宙へ~
第27回 2010 京都市 ひとりひとりが輝く、色彩あふれる世界へ
第28回 2011 松江市 語ろう·紡ごう、“だんだん”の縁を世界へ
第29回 2012 仙台市 きめる、うごく、東北から
第30回 2013 阿南市 いきいき わくわく 小さなまちから新たなるステージ!
第31回 2014 札幌市 未来の景色は、わたしたちが変える。
第32回 2015 倉敷市 思いやり 男女(ひと)が集う 白壁のまち
~ライフステージとそれぞれの男女共同参画~
第33回 2016 秋田市 みつめて みとめて あなたと私 ~多様性(ダイバーシティ)とは
第34回 2017 苫小牧市 北の大地で語ろう これからの未来の一歩を